毛を剃ると太くなるって本当?

よく、「ムダ毛を剃ると毛が濃くなる」という話を聞きますが、果たしてこれは本当なのでしょうか?
たしかに、剃刀などでムダ毛を剃ると、後から生えてきたムダ毛が濃くなっているように感じることがあります。
実は、この話は半分本当です。
自然に生えてきた毛は先が細くなっているのですが、剃ったあとの毛は斜めになり段切面が大きくなるため
視覚的に見ると、濃くなったように感じられます。
ですが、剃刀の使い方によって本当にムダ毛が濃くなってしまうこともあるのです。
ムダ毛は本来体を守るために存在するものなので、剃刀を当てられた刺激から肌を守ろうとして濃くなる傾向が確かにあるようです。
なので、ムダ毛をそる際には刃を寝かせて皮膚に刺激を与えないようにするのがコツかと思います。
剃った後ちくちくとした感触が気になる方は、シェービングなどを使うと綺麗に剃れますよ。
同じ理由で、ムダ毛を抜くと肌に刺激が与えられるので、後から生えてきた毛はまた濃くなり易いです。
それに、毛を抜くと埋没毛という肌トラブルにもつながりやすいのでご注意を。
ムダ毛は濃くならない!という意見といや実は濃くなるんですよ!と言う専門家の方がいるため、
真実がどちらなのかはっきりとわかりませんが、どちらも処理の仕方で見えてしまうのは本当のようです。
一時的ですが、濃く見えるムダ毛を防ぎたかったら除毛クリームで毛を抜いてしまうか脱色クリームで色を抜いてしまうのもおすすめです。

関連記事