失敗しない消費者金融を選ぶなら大手消費者金融が良い

31. 7月 2016 金融 0

消費者金融を選ぶ際には、中小規模の金融会社からしか借り入れができないなどの理由がない限り大手消費者金融 一覧を選択する方がメリットがあります。
大手消費者金融の大半は大手銀行のグループ企業なので資金力があり、総量規制の範囲内という制限がありますが融資限度額が大きいのです。中小規模の消費者金融では10〜50万円程度しか融資してもらえない場合が多いのですが、大手であれば審査に通れば300万円を超える限度額も可能なのです。さらに大手であれば中小規模の金融業者よりも最高利率が低く、少額融資の場合であっても有利です。
大手消費者金融のメリットは限度額や利率だけではありません。大手であれば有名な銀行のグループ企業や子会社として融資業務を行っています。もしも顧客への対応でなんらかのトラブルが起こればグループ全体のイメージダウンにつながり、特に旧財閥系のメガバンクであれば金融業以外にも同じグループに属する他の業種の企業イメージにも悪影響が及ぶことになります。このため大手消費者金融は女性専用の窓口を設置していたり、職場への在籍確認の電話や返済督促も紳士的な対応なのです。さらに大手であればATMが日本全国にありますし、グループ企業である銀行ATMでもキャッシングや返済ができるので利便性が高いというメリットもあるのです。
大手消費者金融は中小規模の消費者金融よりも限度額や利率といった基本的なサービスだけでなく、顧客への対応や利便性の面でも多くのメリットがあるのです。

関連記事